「高齢者を交通事故から守る活動に関する協定」の締結式

4月4日、埼玉県知事公館(さいたま市)において、「高齢者を交通事故から守る活動に関する協定」の締結式が開催されました。

 この協定は、埼玉県警察とヤクルトの販売会社6社が連携し、高齢者を交通事故から守る活動に関する協力事項を定め、効果的な交通事故抑止活動を推進することを目的としています。

 締結式では、埼玉県警察本部交通部・結城弘参事官、当社の代表取締役社長 山下直哉、各販売会社の代表者が協定書に調印しました。今後、各センターでヤクルトレディを対象に、埼玉県警察による研修が行なわれる予定です。

 埼玉県5販売会社と東京ヤクルトでは、今後も従事者全員で地域の皆さまの健康や生活をサポートする企業として活動していきます。

PAGETOP